NPO法人日本食育協会 トップページ 日本食育協会について 活動状況 食育指導士とは 食育講座
活動状況
前年までの活動状況
◇2017年食育協会年間スケジュール

1月
     21日(土) 大 阪 大阪調理製菓専門学校 食育指導士講習会(※) 

2月
     18日(土) 東 京 食育指導士講習会

3月
      5日(水) 郡 山 食育指導士講習会

4月
     14日(金) 熊 本 食育指導士講習会
     15日(土) 福 岡 食育指導士講習会 
     16日(日) 中 津 食育指導士講習会
     23日(日) 東 京 食育シンポジウム

5月
     13日(土) 静 岡 食育指導士講習会

6月
      4日(日) 名古屋 名古屋短期大学 食育指導士講習会(※)
     10日(土) 名古屋 食育指導士講習会
     16日(金) 17日(土) 18日(日) 福 岡 上級食育指導士講習会
     30日(金) 岡山県岡山市 食育推進全国大会

7月
      1日(土) 岡山県岡山市 食育推進全国大会  
      2日(日) 山 口 食育指導士講習会  
      8日(土)  9日(日) 福 岡 上級食育指導士講習会
     15日(土) 福 岡 上級試験
     21日(金) 22日(土) 23日(日) 静 岡 上級食育指導士講習会
8月
      5日(土)  6日(日) 静 岡 上級食育指導士講習会
     18日(金) 19日(土) 20日(日) 名古屋 上級食育指導士講習会
     27日(日) 静 岡 上級試験
9月
      9日(土) 東 京 食育指導士講習
     14日(土) 名古屋 上級試験
     22日(金) 23日(土) 名古屋 上級食育指導士講習会
10月
     14日(土) 名古屋 食育指導士講習
     22日(日) 大 阪 食育指導士講習
11月
     11日(土) 12日(日) 東京都食育フェア
     17日(金) 18日(土) 19日(日) 帯 広 上級食育指導士講習会
     24日(金) 25日(土) 帯 広 上級食育指導士講習会
     25日(日) 帯 広 上級試験
12月
      3日(日) 奄美大島 奄美看護福祉専門学校 食育指導士講習 (※)
     10日(日) 徳 島 四国大学 食育指導士講習(※)


(※)は、各種グループ、専門学校、大学、団体よりご依頼を受けたものです。
 
 

◇「2017年度 食育シンポジウム」の実施報告

 4月23日(日)有楽町 よみうりホールにて
 『食育』〜こどもたちの健康・未来のために〜 をテーマに開催いたしました。

 食べ物がいっぱい有って、衛生的な環境が有って、医療機関がいっぱい有って、健康でいられるはずなのに何故私たちは“不健康という文字”をいつも思い浮かべるのでしょうか。
 昭和の半ば迄は、ホコリまみれになりながら遊んだ子供達も多く居たように思います。
夏は、汗をかき真っ黒になっている男の子たちが黒さを競い合ったりもしていました。
 しかし、今は紫外線を浴びるような遊びをあまりしなくなったり、抗菌がいきわたった場所での遊びが一般的になったり、夏も外で遊んでいる子供達を見ることも無くなってきました。
 遊び方が変わって行く中で、食べ物や四季折々の行事や食文化も変わっていったり、忘れ去られていったりと少し方向が変わってきていると感じます。
私たちは、何処かで忘れてしまった日本の大事なものを見たり聞いたりすることで少しでも思い起こす事が出来たら本当に素晴らしいことと思います。
今回の食育シンポジウムがそのきっかけに少しでもなればこれほど嬉しい事はございません。
 皆様お一人お一人のご家庭が健康で幸せで有りますことを願い食育シンポジウムを開会致しました。

  
  
  

*「食育シンポジウム」概略

 平成29年4月23日(日曜日) 東京 有楽町よみうりホールにて「食育シンポジウム」を開催し参加者は、568名でした。

 最初に、主催者を代表致しまして当協会の小林修平理事長(元国立健康・栄養研究所所長、現人間総合科学大学健康栄養学科特任教授)より開会の挨拶を行う。

 13:10から 内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会推進本部事務局 参事官 勝野美江様に「2020年に向けた日本の食文化の発信などの取組について」ご講演いただきました。
 図表を使いオリンピック・パラリンピックの運営体制、1964年と2020年オリンピックの違い、オリンピック・パラリンピックの基本方針・事務局の仕事、和の文化及び食文化の発信、リオ大会での飲食の提供と東京大会の課題からホストタウンの取組等々。
各項目別に丁寧なご講演をいただき、参加者は遠いところで進んでいると思っていたオリンピック・パラリンピックが身近に感じられ今後はテレビや新聞で見聞きすることが興味深く感じることが出来ると話され、この様な情報や説明を聞く機会を持つことが出来たことを大変喜ばれていました。
 引き続き、14:00より日本食育協会砂田登志子理事より「幸福は口福から:最初の
1000日間と幼児教育の経済学」をテーマに「漢字(感字)」を用いてそれぞれから導き出されるイメージを判りやすく話される。
「福」「女」「命」「食」他多数の文字を表示される。
学問としての教育の仕方や生きるための教育。経済(投資)はどの様にすることがより効率がいいか?それは子供に考え方や資質の向上のための生きた投資が、すべての投資を上回る。
 いかに幼児教育が大切か思いを込めた一言一言が聴衆に響いていく。
母親、父親、そして大人の役目が有り、それを理解しなければいけないということを多くの方々が認識されていました。

 14:50から日本食育協会理事4名によるパネル・ディスカッションを行う。
「こどもたちの健康・未来のために」をテーマにコーディネーターを二見大介理事(日本栄養士会参与)、パネリストは、長野美根理事(東京医療保健大学客員教授)、岡本美和子理事(日本体育大学教授)、中谷弥栄子理事(鎌倉女子大学教授)。
 それぞれが日々の活動や教育現場で身近に感じている事を通して話される。
 長野理事は、協会で行っている講習会を通して「食」に対する資質の向上を訴求され、岡本理事は 体育大学の学生の「食」の状況を踏まえ食育の大切さを話される。
 中谷理事は、地域の食品製造企業など学生と共に現場体験を行ない企業へのアドバイスや「食」への取組を話され食育への強い盛り上げを訴求される。
 参加者は、毎日の生活を改めること、特に「食べ物」の重要性を再確認されていました。

 閉会の辞は、日本食育協会専務理事の渥美豊太郎より行い、終了時間16:10に盛況のうちに終了する。

 次回は福島県郡山市で開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 *プログラム紹介

 はじめに

 本日は、食育シンポジウム「食育」〜こどもたちの健康・未来のために〜
にご参加いただきまして誠に有難うございます。
 「食」は、私たち一人ひとりの命の源です。また、こどもたちをはじめ、人々が豊な人間性を育んでいくためにも「食」は極めて大切です。
 世の中が新たな“リーダー”や“技術の進歩”によって、めまぐるしく変化し、こどもたちの未来や「食」が多様化していく中でより強く求められるのは、より良く「生きること」、より良く「食べること」だと思います。

 未来を担う、こどもたちのために。より健康的な、社会のために。
食に関する知識や理解を深めることはもちろん、食を通じて人と人とのつながりを深めることで“心”までも豊に育んでいきたい。

 そんな思いを込めて「食育シンポジウム」を開催します。
本日の「食育シンポジウム」が、ご参加いただきました皆様と、ご家族の“健康な未来”の一助になることを願っております。                         
                                       NPO法人日本食育協会

食育シンポジウム  「食育」〜こどもたちの健康・未来のために〜   順不同、敬称略

12:00  開場

13:00  開会 主催者挨拶    
        小林 修平 NPO法人日本食育協会理事長

13:10  基調講演「2020年に向けた日本の食文化の発信などの取組について」
        勝野 美江 内閣官房東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック
                競技大会推進本部事務局 参事官

14:00  講演「幸福は口福から:最初の1000日間と幼児教育の経済学」
        砂田 登志子 食育ジャーナリスト

14:50  パネルディスカッション
             「こどもたちの健康・未来のために」
        コーディネーター:二見 大介(日本栄養士会 参与)
        パネリスト:長野 美根(東京医療保健大学 客員教授 医学博士)
              :岡本美和子(日本体育大学 教授 博士(看護学))
              :中谷弥栄子(鎌倉女子大学 教授 博士(医学))

16:00  閉会のことば
        NPO法人日本食育協会専務理事 渥美 豊太郎

16:10  終了

◇第12回食育推進全国大会inおかやま

 2017年6月30日(金)、7月1日(土)の両日、岡山県岡山市で開催されました。

会場; 岡山コンベンションセンター ・ ジップアリーナ岡山

テーマ; 「食は人づくり!みんなでええ『食』を次世代へ
         〜桃太郎のまち岡山から 未来へつなげる食と健康〜」

 農林水産省、岡山市、第12回食育推進全国大会岡山市実行委員会の共催により、第12回食育推進全国大会を開催しました。

 今大会は、「食育は人づくり!みんなでええ『食』を次世代へ〜桃太郎のまち岡山から未来へつなげる食と健康〜」をテーマとし、開会式(食育活動表彰式等)をはじめ、食育に関する講演・シンポジウム、166団体149ブースでの調理体験や展示などの多彩な催しが行われました。

 食育推進全国大会の会場へは、2日間で約21,200人の皆様のご来場をいただき、盛会のうちに終了いたしました。

 次回は、2018年6月23日(土曜日)・24日(日曜日)に大分県大分市で開催されます。皆様のご来場をお待ちしています。

   
   
   

◇第10回東京都食育フェア

 
2017年11月11日(土)・12日(日)の2日間、代々木公園ケアキ並木通りで、東京都食育フェアが開催されました。今年も「デング熱」への配慮から11月開催になっています。ほぼ例年同様の出展で61ブースがケヤキ通りの両サイドに展開しにぎやかな出展になりました。
 毎年、大きく掲げられたテーマは「楽しみながら食を育もう!」
副題は、『食』について知り、考えよう
    『食』を選ぶ力を身につけよう
    『食』の魅力と楽しさを感じよう です。
 東京都では、都民の皆様に「食」を楽しみながら『食育』への関心を深めていただく為、食育活動に取り組む団体や学校等による食育情報の展示やワークショップ、都内産農産物や加工品の試食や販売、また、食に関わる道具や器具の展示や説明なども行われています。
 特設ステージでは、☆野菜トランプや農育トランプでたのしく学ぼう!☆国産大豆100%の商品を知ろう☆野菜たっぷりヘルシーお好み焼きの魅力を味わおう!など12団体のたのしく学び参加できるステージが繰り広げられていました。
 今年も、親子連れでの見学が多く秋の清々しい空気と賑わいを楽しまれていました。

 2018年度も11月に開催される予定ですので多くの皆様のご参加をお待ちしています。

                                                  以上

   
   



Copyright (c) Japan Food Education Association