NPO法人日本食育協会 トップページ 日本食育協会について 活動状況 食育指導士とは 食育講座
活動状況
前年までの活動状況
◇2016年食育協会年間スケジュール

1月
      9日(土) 大 阪 大阪調理製菓専門学校 食育指導士講習会(※)

2月
      6日(土) 中 津 食育指導士講習会 

3月
      9日(水) 静 岡 食育指導士講習会
     10日(木) 浜 松 食育指導士講習会
     11日(金) 浜 松 フォローアップ研修
     21日(月) 東 京 食育指導士講習会

4月
     19日(火) 名古屋 食育シンポジウム

5月
     14日(土) 熊 本 食育指導士講習会
     15日(日) 福 岡 食育指導士講習会
     16日(月) 福 岡 食育指導士講習会   
     22日(日) 名古屋 名古屋短期大学 食育指導士講習会(※)

6月
      5日(日) 豊 田 豊田福祉センター
     11日(土) 12日(日) 福島県郡山市 食育推進全国大会
     17日(金) 18日(土) 19日(日) 福 岡 上級食育指導士講習会
     24日(金) 25日(土) 26日(日) いわき 上級食育指導士講習会 

7月
      2日(土)  3日(日) 福 岡 上級食育指導士講習会  
      9日(土) 島 根 食育指導士講習会
     11日(月) 岡 山 食育指導士講習会
     12日(火) 広 島 食育指導士講習会
     23日(土) 24日(日) いわき 上級食育指導士講習会

8月
      6日(土) 福 岡 上級 試験
      9日(火)10日(水)11日(木) 東 京 上級食育指導士講習会
     28日(日) いわき 上級 試験

9月
      9日(金)10日(土) 東 京 上級食育指導士講習会
     14日(水) 名古屋 上級試験(東京)
     17日(土) 東 京 食育指導士講習会並びに上級試験
     18日(日) 沖 縄 食育指導士講習会
     22日(木) 名古屋 食育指導士講習会
     24日(日) 帯 広 食育指導士講習会
     25日(月) 帯 広 フォローアップ研修

10月
     30日(日) 小田原 食育指導士講習会

11月
      6日(日) 大 阪 食育指導士講習会
     12日(土)13日(日) 東京 東京食育フェア

12月
      3日(土) 奄美大島 奄美看護福祉専門学校 食育指導士講習会 (※)

(※)は、各種グループ、専門学校、大学、企業よりご依頼を受け実施した講座です。
 
 

◇「2016年度 食育シンポジウム」の実施報告

 4月19日(日)日本特殊陶業市民会館にて
 〜『食育』と健康〜 をテーマに開催いたしました。

 人類の歴史を一言でいえば飢餓の歴史という方もいらっしゃいます。事実皆が満足に食べることが出来ないという途方もない時間が過ぎてきました。
日本では現在、一昔前の食べ物がなく辛い時代からいくらでも手に入る時代になっています。
 しかし、その弊害は健康の維持の難しさだけでなく、食文化も続けることが難しくなってきたようにも感じます。どの様に行動していけば良いのでしょうか。
 「心と体」がより良い方向に向かうことを皆様と一緒に考え実践して行くことが出来れば、これほど素晴らし事は無いと考えます。皆様お一人お一人が健康で充実した人生で有りますことを願い食育シンポジウムを開会致しました。

  
  
  

*「食育シンポジウム」概略

 平成28年4月19日(火) 名古屋 日本特殊陶業市民会館ビレッジホールにて「食育シンポジウム」を開催し参加者は、620名でした。

 最初に、主催者を代表致しまして当協会の小林修平理事長(元国立健康・栄養研究所所長、現人間総合科学大学健康栄養学科特任教授)より開会の挨拶を行ないました。

 12:45から 農林水産省 食料産業局食文化・市場開拓課和食室長 勝野美江様に
「和食文化の継承と食育について」ご講演いただきました。
 農林水産省として和食文化の継承という事に重点をおいた内容で、5つの観点からご講演されました。ユネスコの無形文化遺産に登録された和食というものは何か。食生活に関する調査、そこから見える和食の継承ということ。和食文化の継承の取り組み。食育の実践例から見た和食文化継承活動。食育の取り組みに和食のエッセンスをどうやって取り入れたらいいか。各地域の実例や状況、更に統計的観点からどの様にしていかなければいけないかを数値を使い立体的にご説明され、参加された方々は現状と方向性をしっかり感じられていました。

 13:45から名古屋短期大学保育科教授 小川雄二先生より「知っておきたいアレルギーの基礎知識と最新情報」をテーマに食品学と医学の面からアレルギーに関して講演されました。
 免疫の仕組み(IgG)。アレルギーの仕組み(IgE)と症状との関係。アレルギーの基本的な対応。食品学としてのアレルギー。主要なアレルギーの知識。アナフィラキシーとエピペンなど短時間ながらアレルギーの知識と医学的な内容をお聞きする事が出来ました。
 なかなか聞くことができない内容に参加された方々は大変熱心に聞き入られていました。

 14:50から国立研究開発法人理化学研究所イノベーション推進センター辨野特別研究室特別招聘研究員 辨野義己先生より「『健腸生活』で健康なカラダを手に入れよう!」をテーマに腸と体の関わりを判りやすく講演される。
 腸内細菌は、体細胞60兆個の10倍強の600兆〜1000兆個が存在します。腸の病気は、大腸ガン、大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、大腸カタル、大腸血腫症、過敏性腸症候群などあげればキリがないほどの大腸疾患名が有ります。
 21世紀になり、肥満と糖尿病に腸内細菌が関係、脳の機能と腸内細菌が関係する事が分かってきました。腸内細菌が作る物質が脳細胞に影響している。
 そのほか、実験データに基づき腸がいかに大事であるか、これからの健康に腸に対する意識とケアがどれほど影響するのかなど貴重なお話を聞くことができました。
 参加者は、毎日の生活を改めること、特に「食べ物」の重要性を再確認されていました。

 閉会の辞は、日本食育協会専務理事の渥美豊太郎より行い、終了時間16:00に盛況のうちに終了する。

 次回は東京で開催いたします。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 *プログラム紹介

 はじめに

 本日は、「食育シンポジウム2016」にご参加いただきまして誠に有難うございます。
子どもは日本の未来を担う社会の宝です。しかし、その子どもたちは満足いく環境の中に居るのでしょうか。
 今、飽食社会、便利社会のねじれた影の覆われている様にも感じます。
食べること、それを子どもの時から正しくしっかりと実践するための「食育」は、知育・徳育・体育の基礎となるべきものです。
そして健全な心と身体を培い豊かな人間性をはぐくみ、健康な社会づくりを確実なものにしていくためには、家庭・学校・行政ともども地域をあげて直ちに取り組まなければならない事柄であるいえます。
 これらを子どもたちと大人が共に実践し身につければ、見違えるように未来は変わっていくと感じます。
 2004年5月に発足いたしましたNPO法人日本食育協会は「食育」の原点にもどり食育活動してまいります。
 本日の、「食育シンポジウム」がご参加いただきました皆様のこれからの活動にお役に立てれば幸いです。                         
                                       NPO法人日本食育協会

食育シンポジウム  〜「食育」と健康〜   順不同、敬称略

11:30  開場

12:30  開会 主催者挨拶    
        小林 修平 NPO法人日本食育協会理事長

12:45  講演「和食文化の継承と食育について」
        勝野 美江 農林水産省 食料産業局 食文化・市場開拓課和食室長

13:30  休憩

13:45  講演「知っておきたいアレルギーの基礎知識と最新情報」
        小川 雄二 名古屋短期大学 保育科教授

14:50  講演『健腸生活』で健康なカラダを手に入れよう!
             〜大切な腸内環境コントロール〜
        辨野 義己 国立研究開発法人理化学研究所イノベーション
        推進センター辨野特別研究室特別招聘研究員

15:50  閉会の言葉
        渥美 豊太郎 NPO法人日本食育協会専務理事

16:00  終了

◇第11回食育推進全国大会inふくしま

平成27年6月11日(土)、12日(日)の両日、福島県郡山市で開催されました。

会場; ビッグパレットふくしま
    関連イベント会場;郡山駅前広場

テーマ; チャレンジふくしま!おいしくたのしく健康長寿
     〜復興のあゆみ。全国のみなさまへ感謝の気持ちを込めて〜

食育推進全国大会は、食育月間における中核的行事として、食育に対する国民の理解を深めるとともに、食育への取組に対して積極的な参加を促し、国民の健全な食生活と豊かな人間形成に大きく寄与することを目的に開催されました。
今年度より、主催が内閣府から農林水産省にかわり新たな歩みが始まります。
出展参加団体は、企業、学校、ボランティア団体、その他食育関連の団体139団体が参加し、大変大きな催しになりました。
参加者は、約26,200名。2日間にわたり参加者が途切れることなく『学び・楽しみ・集い・語り合う』素晴らしい2日間でした。


次回は、2017年6月30日(金曜日)・7月1日(土曜日)に岡山県岡山市で開催されます。皆様のご来場をお待ちしています。

   
   
   

◇第9回東京都食育フェア

 
2015年11月12日(土)・13日(日)の2日間、代々木公園ケアキ並木通りで、東京都食育フェアが開催されました。「デング熱」の為、安全を考え昨年度より11月開催になっています。今年は、62団体が出展しました。
毎年、大きく掲げられたテーマは「楽しみながら食を育もう!」
副題は、『食』について知り、考えよう
    『食』を選ぶ力を身につけよう
    『食』の魅力と楽しさを感じよう です。
 東京都では、都民の皆様に「食」を楽しみながら『食育』への関心を深めていただく為、
食育活動に取り組む団体や学校等による食育情報の展示やワークショップ、都内産農産物や加工品の試食や販売、また、食に関わる道具や器具の展示や説明なども行われています。
特設ステージでは、◎TOKYO Xの肉質の説明や豚汁配布。◎おやつ作りのデモンストレーション。◎テーブルマナーのレッスン 他が2日間にわたり行われ参加者は、興味を持って見学されていました。
 親子連れでの見学が多く秋の清々しい時間を楽しまれていました。

 2017年度も11月に開催される予定ですので多くの皆様のご参加をお待ちしています。

                                                  以上

   
   



以上
Copyright (c) Japan Food Education Association