NPO法人日本食育協会 トップページ 日本食育協会について 活動状況 食育指導士とは 食育講座
日本食育協会について
協会ロゴの意味
親と子どもの“食”を通じたコミュニケーション
NPO法人日本食育協会のシンボルマークは、親と子どもの食を通じたコミュニケーションを表現したものです。
親子の口の部分が輪(和)になってつながっています。

赤、黄色、緑のラインは、それぞれ身体に必要な食べ物をあらわしています。

赤い食べ物・・・身体をつくる、タンパク質を含む食べ物
黄色い食べ物・・身体を動かすエネルギー源になる糖質や脂質を含む食べ物
緑の食べ物・・・身体の調子を整える、ビタミンやミネラル等を含む食べ物

親子のかわいい目は食育のキーワード「ま・ご・わ・や・さ・し・い」の ま=豆をイメージしています。

ロゴマークを横にしてみると、アルファベットの「E」の形になります。これは食育(Food Education)、食を通じての教育=Educationの頭文字「E」を内包させたデザインです。
ま・・・ まめ類(豆腐や納豆)
ご・・・ ごま 小さくてもビタミン、ミネラルがいっぱい
わ・・・ わかめなど海藻類。ミネラルや食物繊維がいっぱい
や・・・ やさい。地元でとれた旬のものをたべよう
さ・・・ さかな。とくにいわし、あじ、さんま、さばなどの青い背のさかなには、脳の働きを活発にするといわれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やIPA(イコサペンタエン酸)が豊富に含まれています。
し・・・ シイタケ、などきのこ類。ビタミンや食物繊維が多い。しかも低カロリー。
い・・・ イモ類。ビタミンや食物繊維が多い。

BACK
Copyright (c) Japan Food Education Association