NPO法人日本食育協会 トップページ 日本食育協会について 活動状況 食育指導士とは 食育講座
日本食育協会について
各理事より
岡本 美和子 岡本 美和子(おかもと みわこ)
日本体育大学 児童スポーツ教育学部 教授
東京医科歯科大学大学院医学系研究科保健衛生学研究科
博士後期課程修了 博士(看護学)
日本乳幼児医学・心理学学会、日本女性心身医学会(理事)、日本看護科学学会、日本助産学会、乳幼児保健学会(評議員) に所属
「食育の必要性と現状における協会活動参加への期待」
理事  岡本 美和子
周産期の母子保健・支援の立場からは、食育は生まれる前の胎児の時から既にスタートしていると考えられます。例えば、現在、産科・小児科領域で問題となっている低出生体重児の増加傾向は、多胎児や妊娠中の喫煙者の増加とともに栄養摂取の制限があると言われています。低出生体重児は、母親の栄養摂取が適切かどうかなど胎児の胎内環境と大きく関係しているのです。近年、日本の若い女性の体型がやせ型になっていますが、スリム願望が極端になると将来子どもを産み育てる女性のみならずお腹の中の胎児にも影響を与えてしまうことになります。
赤ちゃんが初めて口にするものは何ですかと問うと、多くの人は母乳と答えるでしょう。しかし、妊娠初期の頃から、既にお母さんの子宮の中で胎児は羊水を飲むという行為を始めているのです。さらに驚かされるのは、胎児の味覚は非常に発達しており羊水に味をつけるという実験では胎児に様々な反応が見られることが明らかになっています。このように羊水を通して味覚が形成されるなど、胎児の頃から食べる(飲む)基礎が育まれることからも、妊娠中の母親の食生活がいかに重要であるかが理解できます。
 将来を担う子どもと、子どもを育む大人自身の健康を支える健全な食生活が社会に浸透していけますよう、母子保健という立場から皆様とともに食育活動に取り組んでまいりたいと思います。


BACK
Copyright (c) Japan Food Education Association